正しい死亡保険の選び方は、入る時は良く考えて最適なプランを選んで入ること

正しい死亡保険の選び方は、安易には死亡保険に加入しないこと、死亡保険に加入する理由と、加入すべき人は誰かを考える事です。

日本人の寿命は男性が60歳で2%、女性で1%の死亡率ですから安易に死亡保険に入っても損をするということです。

加入する理由は、亡くなった時にお金が必要となる場合があるからで家族の中で加入者が唯一の収入を得ている人であるとか今後も教育にお金がかかり教育資金や生活資金や預金が豊富にないなどの場合は死亡保険に加入したほうが良いということになります。

未成年の子供がいる人や家族の中に収入のある人が1人だけ、あるいは預金・貯金がほとんどない人も、死亡保険に加入すべき理由のある人です。

良い死亡保険選び方は、単純な死亡保険(何々保障とか何々特約とかついている複雑な保険は止めて保険期間が一定で掛け捨ての死亡保障のみで特約の付いていない単純な保険)を選ぶ

結婚したばかりの新婚家庭の死亡保険は、子供がいなければ大きな死亡保障は不要で、ご主人が会社員なら遺族厚生年金が出ますが、これは子供がいなければ小額です。

会社によっては死亡退職金が出る企業もあります。

遺族厚生年金などで不足する分を死亡保険で補えばよく、掛け捨てが良いでしょう。

貯蓄型の保険も基本的には掛け捨てで掛け捨て金に加算して貯蓄分を多めに支払っているのです。

結婚したての新婚さんは死亡保険に安易に入りがちですが、入る時は良く考えて最適なプランを選ぶことが大事になります。